求人の募集で知りたい

雇用形態のこと

非正社員

 求人の中でも特に増えているのが、非正社員です。いわゆる正社員ではない採用形態です。主に派遣社員や契約社員などがこれに該当すると言えるでしょう。当然ですが正社員ではないので、正社員としての待遇を得られることもありません。

 もちろん、近年は正社員よりも稼ぐ派遣社員や契約社員は多いですが、逆に保険が蔑ろになっていたりすることもありますし、福利厚生も充実していなかったりすることがあります。それを考えると、やはり非正社員というのはメリットもデメリットもある雇用形態と言えます。ただ、近年はあまり責任のある仕事をしたくないということで、自分から非正社員を求める方も多くなっているのです。

 そこは労働者の自由なので、自分で選んで働くこともできるでしょう。もちろん、仕事として働くからには、会社や企業が求める仕事をこなすことが必要となります。しかし、人によってはあまり責任を負いたくないという方が増えていて、この雇用形態も多くなっています。それらの点も加味して、求人に応募したいところです。  なお、近年は仕事も高度化されていて、対応するのが難しくなってきている方もいます。自分に合った職場を見つけて、適材適所で働きたいところです。